スポンサーリンク

【タイ語の勉強をする】最初はカオパット(タイ炒飯)の注文が通じず苦労した

タイ語の発音って難しいですよね。

1回で通じれば、発音がいいんですよ、そうでない場合は、何度も失敗を繰り返して、上達していきますよね

パタヤ番長も最初は結構苦労しました、

今も、タイ語が少ししか話せません。

でも、最初のころは少し勉強しました。

食べたい料理を注文したい一心で。

タイ語の発音での苦労話

まず、覚えたのが、タイ料理でまず食べられるようになった

カオパット

タイ風の炒飯ですね。それも、鶏の炒飯

実際に注文してみた

初めて注文したら出てきたのが

カオマンガイ
マ ((#◎□◎#)) ヂ?!

どこをどう間違えたら、これになるの?

番長からの、カオマンガイを食べたいオーラが出ていたの?

番長は心が広いので、笑顔で完食しましたが・・・

やっぱり、希望のものが食べたいと

その後は訓練のかいがあって、炒飯の注文には成功!

タイ語の勉強は難しいね

でもね~新しい問題が出現

何度か違う店でも注文するんですが、なぜか、すべて

シーフード炒飯

発音なんて、

鶏肉が カイ

シーフードが タレー

もう全然違うんですけど、番長どんだけ魚介がすきそうな顔してるんでしょうか?

パタヤも、サムイも、サメットも、バンコクも、ですよ。

そこで、発見した対処法!

カオパットは通じるので、語尾に食材を英語言う。

鶏肉の炒飯なら、カオパット チキン

鶏肉の炒飯なら、カオパット ポーク

ちなみに、外人が全然来てない店の場合は、まだまだ、シーフードが出てきますが、

ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン…

何か?

タイ語は発音が難しいよね~

最後まで読んでくれた人はお気づきですか!

シーフード炒飯が、1番注文しやすいんじゃない?って

そうです

どうせタイにきたなら、シーフード(海鮮)を食べてください。

鶏肉チャーハンと値段で、30円(10バーツ)くらいしか違わないので。

シーフード炒飯(チャーハン)

タイ語で

「カオパット タレー」

こんな感じで、タイ語を勉強し始めは、結構不思議な失敗をしますが、

諦めないで使い続けると、だんだんと、通じるようになってきます

なので、少しの失敗で諦めないで、どんどん話していきましょう

まずは、何気に聞いてくれるし、使えるようになったら便利な、料理からが良いですよ


食べる指さし会話帳1タイ(タイ料理) (旅の指さし会話帳シリーズ)

タイ語を覚える暇はないし、手軽にタイ料理を食べたいな~と言う人には、この本が便利ですよ。

これがあると屋台の強い見方になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする